ひこぞうの安らぎ『定活』日記

定年後に備えて『定活』真っ最中、定年目前後期50代の安川ひこぞうです。定年後の3大不安「お金・健康・孤独」は「貯金と貯筋」でなんとかしようと奮闘中です。

健康、小顔、ほうれい線対策にあいうべ体操 簡単な4つの動作だけしかもタダ

簡単にたった4つの動作でできる、お金をかけずに健康、小顔、ほうれい線対策にも効果的なお口の体操「あいうべ体操」をご紹介します。

年齢を重ねるとだんだんと筋肉が弱り、老化とともに筋力が低下してきます。

ですから筋肉を鍛える運動を習慣にすることは、老化防止、つまりアンチエイジングにとても効果的です。

筋肉を鍛える=トレーニングとイメージすると、ジムに行ったり何か特別な器具が必要と思ってしまうかもしれませんが、今回ご紹介する体操は、お口の体操ですからいつでも、どこでも簡単に無料、タダでできるんですよ。

では、早速やってみましょう。

ポチッと応援、嬉しいです。感謝♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

f:id:hikozou_003:20180729201143j:plain

 「あいうべ体操」

ご紹介する体操は、「あいうべ体操」と言って福岡市の”みらいクリニック”院長の内科医今井一彰先生が開発されたお口の体操です。

テレビ番組で紹介されたり、書籍も発売されていますので皆さんもご存知かもしれません。

写真の「あいうべ体操カード」は、希望すれば100枚単位で何枚でも全国無料で送ってもらえます。今井一彰先生素晴らしいです。

この「あいうべ体操」は、簡単な動作で健康にアンチエイジングにそして美容にも効果絶大な体操なのです。中高年、50代こそぜひ「あいうべ体操」をやりましょう。

体操は、とても簡単です。「あ」・「い」・「う」・「べ」と口や舌を大きく動作させるだけなんです。簡単でしょ。

体操ですからできるだけ大きく大げさにやると効果的ですよ。
では、ご一緒に。

  • 「あー」口を大きく上下に開きます。
  • 「いー」口を大きく横に広げます。
  • 「うー」口をすぼめて前に突き出します。
  • 「ベー」舌を出して、しっかり伸ばします。

f:id:hikozou_003:20180728211900j:plain

声は、出しても出さなくてもどちらでも結構です。「あ・い・う・べ」の4つの動作をだいたい4秒位のゆっくりペースで行います。

回数は、1日30セットを目安に毎日行うと良いでしょう。

朝、昼、晩など何度かに分けて行ったほうが、なれるまでは良いかもしれませんね。

場所は、口が乾燥しにくいお風呂がオススメだそうです。

あまり神経質にならず、思い出した時にどこでもやると良いと思いますよ。ただ、口が乾燥しやすいので外で行うのは注意が必要です。

私は、朝起きてすぐ(目が覚めます。)、入浴時に湯船につかりながら、手洗いの時に洗面所の鏡の前で、エレベーターで他に人がおらず1人になった時にやったりとまさにどこでもやっています。

正直、ちょっと変顔の一種に勘違いされるかもしれないので、周りに誰もいない時を選んでいますね。

f:id:hikozou_003:20180729201351j:plain

なぜ、「あいうべ体操」は健康によいのか?

私達にとって正しい呼吸は鼻呼吸で、本来人は鼻で呼吸をすべきなんです。

口呼吸は様々な体の不調を引き起こします。

「あいうべ体操」は、なぜ健康によいのか?ひとことで言うと「あいうべ体操」はこの口呼吸を健康の基本である鼻呼吸へ正す体操だからなのです。

口呼吸になってしまう原因は、ため息などさまざまな習慣や口の周りの筋力、舌の筋力の低下にあります。

口呼吸を鼻呼吸へ正すためには、鼻呼吸を意識することとともに、衰えてしまった筋力を体操によって鍛えることがとても大切なのです。

特に注意しなくてはいけないのは、舌つまりベロの位置です。正しいベロの位置、あるべき場所は、どこかご存知ですか?

正解は、口蓋(こうがい)と呼ばれる上あごの部分、口の中で言えば天井の部分です。そこに舌の表面全体がベッタリと密着した状態が正しい状態なのです。

この状態では口の中の空間は、ほとんどありません。免疫に大切な唾液が蒸発することなく保たれていますので、私たちの体を守ってくれる免疫が保護された状態にあるのです。

「あいうべ体操」は、この良い状態に正してくれるのです。

なぜ、「あいうべ体操」は美容によいのか?

舌の筋力が衰えてしまい、舌の位置が下がってしまうと下あごの首との境の部分が下がってしまい、二重あごやブルドックのようにたれたようになってしまいがちです。

口の周りの筋力、舌の筋力の低下を「あいうべ体操」で対策することで、この二重あごは解消されていきます。

舌の位置で下あごの首との境の部分がキュと上がり、下あごのシャープさが変わることは、鏡を見ながらためしてみるとわかりやすいと思います。

また、口の周りの筋力が戻ることで、顔は引き締まりシャープになります。重力に負けがちだった顔の筋肉が上がってくるわけですから小顔になり、ほうれい線対策にも効果が期待できます。

「あいうべ体操」の効果を実感

私も始めてみてすぐに、あごのラインの変化やカラダが疲れにくくなったりと、その効果を実感しました。

自分は年に一度は熱を出して寝込んでしまい、仕事を休むこともありました。「あいうべ体操」を始めてそれがなくなりました。

もちろん「あいうべ体操」だけの効果ではないのかもしれませんが、年をとってからの発熱は結構つらいもので、それを感じることがなくなっただけでもとても良かったと思っています。

「あいうべ体操」は、薬やサプリメントに頼らず道具も不要ですし、なにしろ簡単です。

また、アレルギー性疾患、膠原病(こうげんびょう)、うつ病、腸疾患などに効果が見られるそうです。

健康や美容などは、お薬やサプリメントなど与えられるのを待っているだけではなく、積極的に自分から健康に向けて行動を起こすことができるというのも良いですね。

「あいうべ体操」は、いつでもどこでも簡単にできて道具もいりませんし、何よりタダです。やって損はありませんよ。

50代の健康に美容に強くオススメします。

ぜひあなたも、そのうちになどと言わず、今すぐにやりませんか?簡単ですよ。