安川ひこぞうのやすらぎ「定活」日記

やすらぎの定年後を夢見て『定活』真っ最中の50代安川ひこぞうです。ゆるっと『定活』で定年後の3大不安「お金・健康・孤独」もなんのその!?

大阪・北九州フェリー旅、久しぶりの「船旅」はとても新鮮でした。

せっかちの自分は、旅行中の移動はもっぱら飛行機を利用することが多いです。

ところが、先日の旅行で大阪から北九州までの移動にふと思いついてフェリーを利用してみたんですよ。

夜に大阪を出発して、翌朝に北九州に到着する一泊の船旅でした。

船旅なんて何年ぶりでしょうか?思い出せないくらいです。多分10代のころ以来でしょうね。

なんだかとても新鮮でした。のんびりとした「船旅」も良いものです。

ポチッと応援、嬉しいです。感謝♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

f:id:hikozou_003:20181010002656j:plain

利用したフェリーは、「名門大洋フェリー」名門です。まずは大阪南港のフェリーターミナルで乗船手続きです。

乗船するのは、19:50大阪南港発、翌日8:30新門司港着の「2便」です。

乗船手続きと言ってもネットで予約しましたので、その時に送られてきたQRコードを見せるだけで完了です。とても簡単でしたよ。

乗船券をもらって、いざ乗船と思っていたらバスで送迎と言ったら良いのでしょうか?バスに乗って船内まで連れて行ってくれるそうです。

満席になったら出発、船内に到着しバスから降り、予約した部屋についたら間もなく出港でした。

f:id:hikozou_003:20181010002737j:plain

しばらく経つと、「明石大橋」を通過中とアナウンスがありました。

窓越しに「明石大橋」のイルミネーションが確認できました。

通り過ぎた後にデッキへ出てみると、遠くに「明石大橋」がイルミネーションで浮き上がって見えます。キレイなものですね。

船内に戻り、展望席から窓の外をながめながら、遠くの夜景や漁船の明かりを見つつ、軽くいっぱい。

その後は部屋に戻って、シャワーを浴びて就寝しました。大浴場もシャワー室もあってサッパリできますよ。

ゆっくり寝て、翌朝デッキへ出てみると。

f:id:hikozou_003:20181010002347j:plain

朝日が登っていました。思わず手を合わせましたね。

少し風が強かったのですが、朝日を望みながらしばらく潮風にあたるのも心地よいものです。

f:id:hikozou_003:20181010002808j:plain

波しぶきを観ながら、しばらくゆったりと過ごしました。これも船旅のだいご味ですね。

そうこうしているうちに、到着地(港)の新門司港が見えてきました。

f:id:hikozou_003:20181010002845j:plain

港へ到着し、今度は徒歩で下船しました。

最寄りの駅までの無料送迎バスに乗車、新門司港はかなりの郊外にあるようですので、この無料送迎バスを利用するのが良いですね。

バスは、門司駅を経由し小倉駅までの送迎です。

小倉駅までは、約40分とのことでした。

団体客がいましたので第1便は見送って、第2便を利用したので下船後に駅に到着まで少し時間がかかりましたが、9:25には小倉駅にいました。

ですから、下船後1時間くらいの時間を考えておけば、小倉駅に到着できます。

小倉駅は北九州のターミナル駅ですから、新幹線はもちろん特急を含む在来線も利用できてとても便利です。

大阪から北九州までの船旅の様子をかけ足でご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ウン十年ぶりの船旅はとても新鮮でしたよ。あなたも船旅を計画してみてはどうでしょうか。

利用したフェリーは設備も良くて快適でした。船内の様子はまた別の記事でご紹介したいと思います。