ひこぞうの安らぎ『定活』日記

定年後に備えて『定活』真っ最中、定年目前後期50代の安川ひこぞうです。定年後の3大不安「お金・健康・孤独」は「貯金と貯筋」でなんとかしようと奮闘中です。

ハンパない値引きにビックリ!モノの価値について考えてしまった話

リーズナブルで結構つくりもしっかりした商品が多くて、よく購入する衣類の量販店が近くにあります。

先日、ジム用のTシャツとパンツを買いに行ったんですが、ワゴンに入った夏用のパンツが結構良い感じ、値札をみると値引きされて超安い。

即買いしました。

うちに帰って、値札をよく見ると・・・。

ポチッと応援、ありがとうございます。嬉しいです♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

f:id:hikozou_003:20180926212848j:plain

夏用のパンツの値段は、なんと驚きの500円(税別)、激安でしょ。

値札には、値引き後の価格の赤いシールが貼られているんですが、これがまた分厚いんですよ。

何枚も貼られているんです。

えっ?じゃ元値っていくらなの?と、何となく面白くなって一枚づつはがしてみました。

「はー?」なんだかスゴイ。驚きの結果は、こちらです。

f:id:hikozou_003:20180926213545j:plain

値引きシールは全部で5枚、元値は2,990円(税別)。

500円(税別)で買いましたので、2,490円(税別)のディスカウントです。

このパンツ、色もスタイルもとても良くって、つくりも本当にシッカリしています。私にとっては超お得なお買い物でした。

しかし、値引き回数5回で2,990円(税別)が500円(税別)に1/6になっちゃたんですね。

この値段でも原価割れはしていないんでしょうね?たぶん?じゃ、元値って何なの?

お得だったなぁと嬉しい半面、なんだか考えちゃいました。

我々50代は良く知っているバブル期。

その頃に流行った超高いブランドスーツは、海外の工場で作られていて原価は◯◯◯、それがブランドのタグが付くだけで△△△なんて話がまことしやかに聞かれました。

モノの価値は、買う人が決めるのでしょうが、何だか複雑ですね。

夏用のパンツなんて季節商品ですから、季節が変わればその価値も下がるということは理解できますよ。

でも1/6はスゴイですよね。

それにこの夏用のパンツ君、5回も値引きされてじっと棚で耐えていたんですね。

そんなに特殊な色だとか、スタイルというわけじゃないと思うんですけどね。

どうしてそんなに疎外されていたのか?ちょっと不思議です。

ところで、先日職場に新入社員君が配属されてきたんですが、社会人1年生は可能性にあふれていて、これからどれだけの価値を生み出すのかと皆の期待が一杯です。

夏用のパンツ君もデビュー時は、2,990円(税別)の価値、売れることを期待されていました。それが夏の終わりと共に500円(税別)の価値に・・・。

私も可能性あふれる新入社員の頃がありました。それが今定年目前で価値が・・・。

イカンイカン、夏用のパンツ君と自分を重ねてしまいました。もちろん冗談ですよ。(半分くらいはですね。)

しかし、モノの価値って、本当に不思議ですよね。

夏用のパンツを買って、値札を見ながらモノの価値について考えてしまいました。

私のくだらない話にお付き合いいただき、ありがとうございました。