ひこぞうの安らぎ『定活』日記

定年後に備えて『定活』真っ最中、定年目前後期50代の安川ひこぞうです。定年後の3大不安「お金・健康・孤独」は「貯金と貯筋」でなんとかしようと奮闘中です。

ちょっと珍しいものを断捨離したはなし

私の胃に長年住み着いたピロリ菌をやっと断捨離したお話をしたいと思います。

ピロリ菌をご存知でしょうか?

ピロリ菌は、胃の中に住み着いていると言われている細菌です。ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が傷ついたり、炎症を起こしやすくなります。

その結果、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を発症する可能性が高まります。また、胃がんを引き起こしやすい状態をつくりだすとも言われています。

実は、以前私の胃の中にもピロリ菌が住み着いていて、ずいぶんと悩まされました。今は断捨離してお別れしましたが、その涙のお別れまでのお話をしたいと思います。

ポチッと応援、嬉しいです。感謝♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 f:id:hikozou_003:20180722230209j:plain

ピロリ菌てどんな細菌?

ピロリ菌は、ヘリコバクター・ピロリという細菌です。幼児の頃に感染すると考えられていて、その後胃の粘膜の中に住み着きます。

胃の中でピロリ菌は粘膜を傷つけたりピロリ菌に対する免疫反応で胃の粘膜に炎症が起こります。

この状態が続くと、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を発症しやすく、胃がんに進行することもあります。

ピロリ菌は、WHO(世界保健機構)の外部組織であるIARC (国際がん研究機関) から「胃がんの原因である」と報告されています。

結構な悪さをする菌なんです。

みぞおちのあたりが痛いんです。

今から十数年前の私が40歳前後の頃の話です。

とても仕事が忙しい時期でした、ある日みぞおちあたりの痛みがあったのですが、胃とはちょっと場所が違うな、なんだろう?と思いながらそのままにしていました。

その後痛みは毎日のように続き、しかも日に日にひどくなってきました。

しかし、忙しくて病院に行くことができません。そのまま日々痛みをこらえていたのですが、やっと病院に行く事ができるた時には痛みのピークはとうに過ぎていました。

病院に行き、内視鏡検査を受けることになったのですが、モニターには白っぽいかさぶたのようなものが映っていました。

お医者さんの説明では、「十二指腸潰瘍ですね。この白っぽい部分は、もう治りつつある状態です。」とのこと。

人間の体ってすごいですね。自然治癒力と言うのでしょうか、自分自身で治していくんですね。

痛みに苦しんだ日々を思い出し、一生懸命治そうとしてくれた自分の体のけなげさが愛おしくて、モニターをみながらグッと来てしまいました。

ピロリ菌の検査をしますとのことで、組織をピッと採り、後日出た検査結果は、ピロリ菌がいますとのこと、それも結構な数とのこと。

除菌治療をススメられ、除菌薬を処方してもらいました。

ピロリ菌の除菌開始

除菌方法は、「抗菌薬」2種類と「胃酸の分泌を抑える薬」1種類の合計3種類の薬を1日2回、7日間服用します。

私は、「ランサップ」というあらかじめ3種類の薬がパッケージされた武田薬品工業のお薬を処方してもらいました。

7日間まじめに服用して、「よしっ、これで安心」と思っていました。

ところが・・・

そうは行かなかったんです。

なんと、除菌がうまく行かず十二指腸潰瘍再発、結局二度目の除菌となったのでした。

一回目の除菌成功率は、75%程だというお話しでしたので、まあしようがないかと二度目の除菌を行ったのです。

二度目の除菌後、十二指腸潰瘍の症状は落ち着きすっかり安心していました。

しかし、その後しばらくして年に数回、また痛みを感じるようになってきたのでした。それは、あの懐かしい十二指腸潰瘍の痛みでした。

確率は、なんと5%以下

二回目の除菌成功率は、95%以上だそうです。私は、なんと5%以下のわずかな確率を引き当てたのでした。

宝くじなら嬉しいんですけどね・・・。私の胃は、よほど住み心地が良いのでしょう。

その後は、十二指腸潰瘍の症状が出ると、薬で治療していました。胃酸を抑える「タケプロン」というよく効く薬でした。

三度目の正直

年に何度か繰り返す十二指腸潰瘍の痛みは、ちっとも慣れません。キューと本当に痛いんです。

この痛みをなんとかしたいという思いがどんどん強くなり、三度目の除菌を決心しました。

決心したなんて、大げさな言い方をしていますが、除菌治療は二回までが保険適用で三度目は自費です。また、普通三度以上は行わないようでしたのでまさに三度目の正直にかけたのでした。

除菌前にはピロリ菌を減少させるというヨーグルト「LG21」を1日2個は食べて少しは数を減らして除菌の成功率を高めようと万全の体制を整えました。

そして、薬の種類を変えて行った三回目の除菌は見事成功。その後は、十二指腸潰瘍の痛みを感じることもなく快調に過ごしています。

ピロリ菌除菌する?しない?

最近では、ピロリ菌の除菌を行わないほうが良いとの意見もあるようです。

これは、ピロリ菌を除菌すると逆流性食道炎を発症することがあるということ、また、ピロリ菌は人間と共存している共生細菌で必要な菌であるという考えによるものだそうです。

個人の判断にゆだねられる問題だとは思いますが、私は除菌よってピロリ菌を断捨離して、とても快適に過ごしています。私の経験では痛みなど何らかの症状がある場合は、除菌はとても効果的でした。

50歳以上の世代の日本人の50%以上の方にピロリ菌がいるそうです。無視できない話です。

もしあなたの胃の中にピロリ菌がいたら、除菌されますか?

私は除菌して良かったと思っています。